ご挨拶

 

社外専門家パートナーとしてのアウトソーシング

 

 

昭和40年(1965年)、株式会社トーヨーレイバーコンサルタントは三井鉱山株式会社の労働問題コンサルティングを専門に扱う子会社として設立され、今日までに50余年が経過しました。

その後昭和44年(1969年)、労働保険料の徴収等に関する法律に基づく労働保険事務組合の東洋労働保険協会を、昭和56年(1981年)に社会保険労務士事務所トーヨーレイバーコンサルタントを設立し、各々の団体がそれぞれの特色を活かしつつ協同し今日に至ります。

 

このような多年の実績は、当初より40年以上お取引をいただいている30社様を含み、三井物産様や伊藤忠商事様の関係会社をはじめ現在170社に及んでいます。

皆様もご存知のとおり、平成28年(2016年)よりマイナンバー制度が始まりました。これにより、業務上で特定個人情報(マイナンバーを含む個人情報)を取り扱う事業者である私どもにおいては特に、物理的・人的安全管理措置が重要になりました。この件では、まず平成27年(2015年)6月の東洋労働保険協会通常総会にて、ISMS審査に携わる専門家を理事として迎え入れました。また、入退室を電子錠で管理するようにし、マイナンバー管理専用のクラウドデータベースを導入した他、特定個人情報取扱の「基本方針」「取扱規程」を制定するなどいたしました。

 

これからも少数精鋭かつ臨機応変な対応で皆様のパートナーとしてお役に立てるよう、力を尽くす所存にございます。

今後も引き続きお引き立ての程をよろしくお願いいたします。

 

 

 

平成29年(2017年)6月15日

 

株式会社トーヨーレイバーコンサルタント 代表取締役        

労働保険事務組合 東洋労働保険協会 代表理事

社会保険労務士事務所トーヨーレイバーコンサルタント 所長     竹尾 伸一

 

株式会社トーヨーレイバーコンサルタント 相談役          武居 弘泰