東洋労働保険協会ニュース

 

 

■小学校休業等対応助成金・支援金が再開

 

 

 

9月7日、厚生労働省は、令和2年度に実施していた「小学校休業等対応助成金・支援金」制度を再開することを公表しました。

 

再開する同助成金では、令和3年8月1日以降1231日までに取得した休暇を対象とする予定とされています。

 

これにより、両立支援等助成金(育児休業等支援コース(新型コロナウイルス感染症対応特例))は、令和3年7月31日までに取得した休暇を対象とする予定で、詳細は追って公表するとされています。

 

なお、再開に伴い、全国の都道府県労働局に「小学校休業等対応助成金に関する特別相談窓口」を設置し、労働者からの相談内容に応じて、事業主への小学校休業等対応助成金の活用の働きかけを行う一方、休業支援金と同様に労働者が直接申請できることとする対応も行う予定とされています(直接申請にあたっては当該労働者を休業させたとする扱いに事業主が同意することが必要)。

 

 

 

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_20912.html

 

  

 

※過去のニュースはこちらをご覧ください。